トップページ > アーサとは

アーサとは

アーサの由来

アーサの由来

昭和63年、一級建築士事務所 株式会社アーサが誕生しました。 アーサは災害、とりわけ地震国である「日本」の建築物は“骨組から美しい建築”をつくるべきという想いから、「建築家(ARCHITECTS)」に「構造技術者(STRUCTURAL ENGINEERS)」を加えた

ARCHITECTS & STRUCTURAL ENGINEERS ASSOCIATES

をコンセプトに、その頭文字の ASA を選び社名としました。

また、三つの[sʌ] 、すなわち

  • 若さ [sʌ]
  • 暖かさ [sʌ]
  • 爽やかさ [sʌ]

をキャッチフレーズとし、どんな課題やテーマをお持ちのお客様にも常に安心・安全な建築物をご提供すべく、小さな一歩を踏み出しました。

仕事内容

仕事内容

設立当初は主に木造住宅、一般ビル(鉄筋コンクリート造,鉄骨造の住宅含む)の設計監理を行っておりましたが、阪神淡路大地震(1995年1月17日)以降は、官庁物件(学校校舎,体育館,庁舎ほか)や民間(事務所ビル,工場ほか)の耐震診断耐震補強計画補強改修設計のご依頼も増え、合わせて建築物の定期調査報告も行っております。
総合設計部門と構造設計部門、各部門の優秀なスタッフたちがお客様のご依頼にお応えいたします。

企業理念

企業理念

Micro Emotional Approach

アーサは、ご依頼いただいた全ての物件に対し「全身全霊」で取り組んでいきます。
そして、お客様より「ありがとう。」の一言が頂けるような、そんな仕事ができれば最高だと考えております。